朝日新聞社が上場!
朝日新聞社のIPOをゲットした人のためのサイト!

朝日新聞社が上場!?朝日新聞社のIPOをゲットした人のためのサイト!

朝日新聞社が上場するという可能性はまずありえないですが、
2015年はIPOに期待できる、もしくは期待された企業が続々と上場しましたね。

IPOは知る人ぞ知るローリスクミドルリターンな投資商品です。
知ってしまった投資家はまず一度は買おうとチャレンジするぐらい、
投資家にとっては非常のオイシイ商品です

もしIPOを買いたいなら、まずは証券会社選びが重要ですが、
おすすめのネット証券はココです!

IPO購入に絶対おすすめの証券会社3選!

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

完全平等抽選を行ってくれる証券会社です!絶対に外せないネット証券です!!

公式サイトはコチラ

SBI証券

申し込めば貯まるSBポイントで、いつかはIPOに当たるという証券会社です!

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

主幹事になることもあり、かつ平等抽選をしてくれる証券会社です!

公式サイトはコチラ


なぜ「マネックス証券」「SBI証券」「SMBC日興証券」
がなぜIPO購入におすすめなのか?その理由を説明していきます!

個人投資家がIPOを買うためにはネット証券からじゃないと買えないから

まずIPOは一般投資家、個人投資家が買えるものではありません。
じゃあどこから買えるのかというと、それが「ネット証券」なんですね。

例えば、証券会社でも実店舗型の証券会社の場合、
個人投資家にはIPOを斡旋せず、大口顧客に案内します。

しかしネット証券の場合は、個人、大口顧客関係なく、
IPOを申し込むことができるんです。

IPOは申し込みしても当選しなければ買えない、なら当選しやすい方法で申し込む!

IPOは申し込み後、抽選が行われるので当たらないと買えません。

…この抽選がなかなか当たらないんです、、
なので、まず買えないというのがIPOなんですよね、、

そこで!なんとか当選確率を上げる方法がないか?
ということで知り得たのが方法が…

主幹事を務めるネット証券会社+他ネット証券から申し込みをする

です!管理人はこの方法でいくつかのIPOに当選しました。
証拠がコレ↓です。
IPO当選画面

で、この方法にはちゃんと根拠があります。

主幹事を務める証券会社に割り当てられるIPOは約8割に及ぶ

これはもうそのまんまなのですが、
割り当てられる数が多いので、その分当たる可能性が高くなるからです。

全国で抽選1名しかあたらない懸賞と、
1,000名にあたる懸賞みたいなものですね(笑)

複数の証券会社からなら同一名義人でもIPOに申し込みできる

IPOは一つの証券会社から複数申し込みはできませんが、
証券会社がことなれば、同一名義で申し込みできるんです。

1口申し込みするよりは2口、3口と申し込みしたほうが、
当選確率が上がるのは明白ですよね!

おさらいすると…

管理人もそうですが個人投資家がIPOをゲットしたいなら、

IPOに特化したネット証券を選ぶ
主幹事を務める可能性がある証券会社を選ぶ
申し込み時は主幹事を務めるネット証券から申し込む
余裕があれば、複数のネット証券から申し込みをする

以上、4つのポイントをおさえておけばOKです!!

ネット証券を利用するにはどうしたらいい?

ネット証券を利用するためには、
証券会社口座を開設する必要があります。

申し込みはネットから必要事項を入力し、手続きをします。

口座開設費は無料ですし、口座を持っているだけなら、
特に費用はかかりません(管理費・維持費も無料)。

ですので、IPOを買いたいと思った時にすぐ行動に移せるよう、
口座開設だけしておくのもありだと思います!

IPOを購入するのにおすすめネット証券3選!

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

完全平等抽選を行ってくれる証券会社です!絶対に外せないネット証券です!!

公式サイトはコチラ

SBI証券

申し込めば貯まるSBポイントで、いつかはIPOに当たるという証券会社です!

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

主幹事になることもあり、かつ平等抽選をしてくれる証券会社です!

公式サイトはコチラ


実はすごく身近な存在だった朝日新聞

新聞ってすごく小難しいような感じがして、
子供の頃は全く読む気もしませんでしたが、
実はすごーく身近なものを掲載していた新聞なんです。

それは「サザエさん」です。

サザエさんといえば、日曜の夕方にテレビ放送されていますが、
もともとアニメではなく、朝日新聞で掲載されていた漫画だったんです。

それも連載がスタートしたのは1949年、
戦後からわずか数年しかたっていない時に連載がスタート、
同紙では1974年まで連載されていたそうです。

当時のサザエさんは今とは全然違う顔をしていて、
(画像は1960年代のものですが)

サザエさん

妙に老けているのが笑えます(笑)
あと昭和の時代の四コマ漫画とはいえ、今見ても内容はすごく理解できます。

一つのアニメの時代を作っているサザエさんですが、
まさか朝日新聞社と繋がりがあった人はあまりいないかな〜と思い書き綴ってみました。